ラジオ番組のご案内、ミラーサイトです。
ユニークな人々やイベントが多いので、ぜひのぞいて楽しんでくださいね!

カテゴリ:
今年も、地震による被害があった年だった。
少しずつ想定東海地震の起こるその日に近づいているのは、間違いない。
大掃除のついでに、転倒防止などの点検も済んだだろうか。

そして、正月三が日は、災害用の通信手段を体験できる日。
8月11日の静岡での地震でも、電話は一時つながらなくなった。
そのとき用にと準備されている手段がある。

なぜ、三が日にも体験利用できるようにしたのか。

”今年は無事に暮らせますように。”

私たちが神仏に祈りに行く初詣。
神さま仏さま、と祈った後は、自分たちの努力も必要だ、ということなのかもしれない。
忘れずに、互いの連絡先の確認と体験をしておこう。



「災害用伝言ダイヤル171」、「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」、
ケータイ「災害用伝言板」を広く皆様に体験していただくために、
・正月三が日
・毎月1日
・国の「防災週間<8月30日~9月5日>」
・防災とボランティア週間<1月15日~21日>」に
「災害用伝言ダイヤル 171」「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」
ケータイ「災害用伝言板」を運用します。

■災害時の電話利用方法 社団法人電気通信事業者協会
http://www.tca.or.jp/information/disaster.html


災害時の医療についても、静岡県では医師会が対策を立てている。
静岡県歯科医師会は、全国に先駆けて、連絡網の整備やそのときの計画を綿密に進めてきた。
見直しも、毎年行われている。

9月1日の防災の日には、災害対策本部を立ち上げ、県や警察とも連携をとる。
また、自衛隊野戦部隊の派遣も依頼してあり、実際の派遣を受けて、訓練を重ねている。
歯科医療には、水と電気とガスが必要になる。
自衛隊の設備の整った車が、そのまま治療可能な診療所になる。
災害のときの負傷による歯の損失や、急な歯痛、あるいは避難で入れ歯を紛失した場合など、
歯科医療の必要性は、その後の復旧生活においても、高い。

また、日常の報道でも耳にするが、遺体の身元確認には歯科治療の痕跡や歯型が有効。
そのときに、歯科医師の仕事は多いのだろう。

災害が起こったとき、各小中学校に救護所が設けられる。
地域の歯科医師は、地元の救護所に向かう。
受け入れ態勢ができれば「青い鳥の旗」が掲げられる。
これが歯科医療のしるし。覚えておこう。



年末年始の救急歯科医療については、こちらを。

■救急歯科センターのご案内 静岡歯科医師会
http://www.s418.or.jp/emergency.html
■休日歯科医療 静岡県歯科医師会
http://www.s8020.or.jp/general/m_area.html

カテゴリ:
お正月用の食品は、どんな準備をしているだろうか。
お節の数日のあとには、何を食べるか。

最近知った。
カレーの売り上げが増すんだそうである。
日本人って、本当に面白い。
日本の味は、カレーになってきつつあるのかな。
あ、カレーとラーメンかもしれないが。

そのカレーも、実にさまざま。
日本風、英国カレー、タイカレー、インドカレー、ベトナムカレーもあるし、薬膳カレー、
そこに、各家庭、各自のお得意カレーもあったりする。

で、静岡なので、もつカレーは清水区のブランドカレー。
何で静岡って、しぞーかおでんには、もつやスジ肉が入ってるのも、特徴、ね。
煮込みには、もつがあうのよ。良いじゃないの、おいしさと手軽な金額の、知恵と工夫の味。
◎清水もつカレー総合研究所
http://motsukare.eshizuoka.jp/



今日出合ったのは、まぐろの入ったまぐろカレー。
静岡市のシティセールスが、清水港のもたらす「まぐろ」なんだけど、
西隣の焼津市だって、まぐろは揚がるし、加工工場がひしめく地。
パッケージも目に付く鮮やかさで、手軽なレトルトに、つい手が。
マイルドと辛口があったので、もちろん、2種類を購入。

ん??ツナカレーってコト?
ま、食べてみれば分かるでしょう。

  袋の中には、袋入りのカレー。

  魚介類のカレーがあるんだから、まぐろのカレーがあってもいい。
  どんな具合だろ。

 味を良くするために試行錯誤したんだろうなあと思わせる、袋書き。
 (読みたい人、クリックで拡大ね)

 うどんがあったので、カレーうどんにしてみた。
 マイルドと辛口の色が少し違うのが分かるだろうか。
 手前がマイルド、向こうが辛口。



具材のまぐろは、ごろごろしている。
角煮のまぐろみたい。
こりゃ、ツナカレーではない。

尾の身と頭を使っているらしい。

確かに、まぐろカレーだった。
スパイスがより効いている辛口が、お勧めかな。
そんなに辛くない。

ちなみに、このまぐろカレーは、今朝早起きして様子を見に行った、
焼津水産加工センターの、恒例歳末謝恩市で買ってきた。

ほかのテントで、まぐろのあごや頭、はらもの冷凍を売っていた。
実は、身よりもスキ。
見ていたら、売っているおじさんが、はらもを買えばあごと頭をオマケでつけてくれるという。
おかげで、冷凍庫はいっぱいである。

まぐろについても、世界中が絶滅を心配している。
こうして日本人は、ほとんど食べちゃうんだからね、無駄にしていないよ、と
言う機会があったら、ぜひ、どこかで言ってきてください。



◎まぐろカレー ぐるナビ
http://shop.gnavi.co.jp/Mall2/969/237272.html
◎まぐろカレー マルミヤ 焼津うめぇもん市場
http://www.yaizu-ume-mon.com/ec/detail.asp?r=60
◎アートなフーズのダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20090603/1243986508


カテゴリ:
全国でも老舗の昆虫同好会・静岡のチョウ博士、清邦彦さんが、今年も鱗翅学会に出かけた。
*日本鱗翅学会 http://japan-inter.net/insect/org/lsj/

北上が心配な「クロマダラソテツシジミ」を、仕事中、昼食に出かけて見かけた在野の会員が、
会社にとって返して「大変なものを見てしまいましたので、今日は早退します」と退社して、調査した話など、
相変わらず、いろんな意味で面白い話が多かった。

その中で、
アリとアブラムシとの話を記事にした私としては、さらに、生物間の関係の複雑さに舌を巻く話が。

落ち着いて、ついてきてほしい。

まず、オオバギという植物は、アリを住まわせる。
植物なのに、自分の葉をムシに食べられないように、アリにとっておいしいものを作り出して食べさせる。
また、アリが住みやすいように、茎を空洞にしている。

ここで、もう驚く、でしょ?
こういう植物をアリ植物と呼ぶらしい。

さてアリは、植物と共生関係にあるのに、さらにご存知アブラムシの一種カイガラムシを放牧して蜜を得る。

地球はアリの惑星といって良いほど、ヒトの目に見えるサイズでは
その種、数、生態系への関与も、アリの独壇場だ。
アリも、植物も、アリと関係を結ぶムシも、お互いを大事にしてきたあまり、
一種の木に一種のアリ、一種のカイガラムシ、と、種ごとに進化し、まずます密接な関係に育った。

この関係を、早くから見逃さなかった虫がいる。
それが、ムラサキツバメというシジミチョウだ。

通常なら、幼虫は葉を食べるので、オオバギの守護をするアリにやられてしまう、はずなのだ。
しかし、ムラサキツバメの幼虫は、まるでアブラムシのように、体から蜜をひねり出すことに成功した。
こうして、無事に葉を食べながら、アリと共生関係に。。。と思ったら、
蜜が出るので、アリは幼虫を巣へ運び、エサまで与えて育てるのだという!
そうして、アリの巣で、といってもオオバギの用意した巣で蛹になり、ある日、舞い立つ。

示唆的な話でもある。
特殊な関係の中でそれぞれに発達してきた生き物の種は、どれかがダウンすることで、
総崩れになるデメリットも負う。
手を出してはいけないバランスが、そこにあったりもする。

私たちの経済も、世界も、危ういバランス関係の中にある。
しかもそれは、相互の信頼の上に建っている。
一番下の基本のキ、いったいどういう風に生きてゆくか、そこの見直しからするしかない。




カテゴリ:
年末のお買い物に忙しいですか??
安くていい物を手に入れる、二つの市(イチ)をご紹介。


広野なぎさ市
用宗漁港の隣にある、船の遊具が目印の広野海岸公園で行われる朝市。

◆12月27日(日) 小雨決行  8:30~11:00 (売り切れ次第閉店)
◆広野海岸公園エントランス
◆駐車場 220台(無料)
◆問い合わせ先 静岡市水産漁港課  TEL 054-354-2184


◎広野海岸公園 静岡市
http://www.city.shizuoka.jp/deps/suisan/suisan_hirono.html
◎都市漁村交流イベント情報 静岡県
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-430/newbusiness.html



焼津水産加工団地  歳末謝恩即売会
年に一度の年末即売会が、今年も。
鰹節をはじめとした水産加工品を中心に、野菜・お菓子・正月飾りにお餅もあり!!

◆12月29日 午前8時00分~午後1時30分
◆焼津水産加工団地内 組合事務所前 http://www.yaizufpc.or.jp/gaiyou2.asp
◆駐車場あり
◆問い合わせ 組合管理課 電話054-624-2111


◎焼津水産加工センター
http://www.yaizufpc.or.jp/aspsrv/asp_event/event.asp?ID=23&nid=1

カテゴリ:
静岡産業大学の中村羊一郎教授が書いた「静岡物語」シリーズの2巻が出た。
前作は「家康からの贈り物」だった。今度は、イルカ、か。
中村教授は守備範囲が広い。

静岡の人間にとっては、イルカは可愛いだけではない。
スーパーにその肉が並んでいたり、居酒屋で料理が出たりする。
イルカにつながる民俗学の話、イルカと川で漁をする話なども、そこにある。
章が変われば、言葉の話し、地名の話し、言い伝え、季節ごとの行事、
さらに妖獣・千年モグラなんていう不思議も、いろいろと並んでいる。

今回の出版を記念して、3名にプレゼントする。

応募はこちらから。
http://www.fmhi.co.jp/present.php?duqwy=0&ccd=1

FM-Hi!ひるラジ!(金) 電子メール info@fmhi.co.jp fax 054-221-4649


 中村羊一郎の静岡物語2
  イルカの眼


    中村羊一郎 著
    羽衣出版

このページのトップヘ

見出し画像
×