ラジオ番組のご案内、ミラーサイトです。
ユニークな人々やイベントが多いので、ぜひのぞいて楽しんでくださいね!

カテゴリ:
仕事先で本番を待つ時間、牛乳瓶の話しが出た。
久しくお目にかかっていないが、時折スーパーに並んでいることがある。
その牛乳のふたで、メンコを作って遊んでいたという。
変わった牛乳の模様は希少価値で、メンコをしては取り合って遊んだと教えてくれた。

そこから話は、ベーゴマを自分で作ったから、まわし方もうまかったとか、
うまくいかないから工夫していろんなものができ、楽しかったとか、
まるで少年に戻ったかの如くの表情をよみがえらせて、子供のころトークが続いた。

へえ、と思いながら聞いていた。
牛乳のふたのメンコ。
実は、これに明日お目にかかれるイベントがある。
もちろん、ベーゴマも、缶ぽっくりも、紙芝居も。

これは地元静岡市のみならず、全国で広がる「だがしや楽校」に賛同する協力者の参加になるもの。
牛乳のふたは、名古屋市の「日本牛乳キャップ収集協会」の協力。
ほかにも、神奈川から、東京から、団体や個人の有志が、集まる。

地元からは、静岡の駄菓子屋といえば欠かせない静岡おでんや、コッペパンの店や、大学や高校、
小学生の子どもたちのみせも出展。
なんだか、とってもわくわくする楽しそうな仕掛けがいっぱい。

発案者は、高千穂大学准教授の松田道雄さん。
思いついたころは、出身地山形で公立中学校の教諭だった。
駄菓子屋が、子どもたちにとっての成長にかかわる大事な社交場や社会であったことを研究し、
博士論文に。
同時に、だがしや楽校の実践を始めることとなる。
http://www.dagashiya-gakko.com/message/dagashiya-message.html
◎50歳を超えた大人の時間を人つなぎに活(い)かしませんか  asahi.com
http://www.asakyu.com/anohito/?id=602

すでに3回目となる静岡市でのだがしや楽校は、静岡市の主催事業だ。
以前にも、提唱者の松田さんを迎えて行われてきた。
今回も、どうやら明日の参加が決定している。

思い起こして懐かしい話に花が咲けば、駄菓子屋で買い物の仕方を覚えたり、
友達との付き合い方が広がったり、そこへくるおじさんおばさんと話したり、
ちょっとしたずるさや、誰がどんなものが好きでどんな様子を見せるかなど、
いかに大事な場所であったか、郷愁と共にその日々が蘇る。
駄菓子屋の存在が大人になる道を手助けしていたのが、おぼろげに見えてくる。

子どもも、そして子どもだった大人も、足を運んで見ようよ。

このプロジェクトがまず実現を目指すのは、
地域のみんなで「子どもが自分で育つ、子育ちできる場」をつくることです。
子どもが育つ場は特定の場所を指すわけではありません。
時間・空間・仲間があれば、どこにだって「子ども社会」は成立します。
そして、それを子どもたちが手にできるよう、
子ども社会に敢えて介入しないというのも大人の見識の一つでしょう。
そう、「子どものケンカ」に親は出てはいけないのです。
また地域に、子どもの「やってみたい」という気持ちに応える「ひと・もの・こと」が
たくさんあって、そこに子ども自身が「あそび場」を見つけられたら、
子ども社会はごくごく自然に、あちこちに生まれていくに違いありません。 
プチベンチャー(だがしや楽校)、プチワイルド(冒険あそび場)・・・
芽吹きはすでに感じられます。
 「子どもが我慢中」の社会から「子どもが真ん中」の社会へ。
まずは私たちにできることからはじめませんか。想い出そう、楽しかったコト

◎子どもがまん中プロジェクト
http://www.geocities.jp/otakara631/page023.html


     ◎●◎だがしや楽校◎●◎
      ◆平成21年12月12日(土) 午前10時~午後2時
      ◆城内中学校グラウンド(葵区駿府町) 雨天:体育館
      ◆対象:どなたでも  入場無料 直接会場へ 
      ◆主催・生涯学習推進課  ℡221-1207
   
駄菓子・おでん・コッペパン・わた菓子・紙芝居・牛乳キャップ遊びほか
◎だがしや楽校 静岡2009~想いだそう!たのしかったこと~ 静岡市生涯学習推進課
http://www.chum-shizuoka.jp/blog/event/2009/12/post-211.html
◎おみせ紹介
http://www.geocities.jp/otakara631/page010.html
 

◎だがしや楽校on the web
http://www.dagashiya-gakko.com/index.html
◎だがしや楽校 瓦版
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/9530/dagashi/index.htm
◎松田道夫のホームページ
http://www.catvy.ne.jp/~mmatsuda/index.htm

同姓同名に名著「育児の百科」の故松田道夫さんがいる。
小さきものの心や体について、松田道夫さんの活躍は、時代を超えて守護しているようだ。

明日は天気は回復して最高気温20度にもなる見込み。
元気に駆け回ろう。

カテゴリ:
パーソナリティTJです! 
@12月11日金曜日のゲスト、ご紹介

●11:20am スパイスアップ・ユアライフ
環境負荷がわずか 石の紙!!
       石なのに、紙、紙なのに、石!!
       製紙に使用する水、廃棄物、リサイクル、すべてに注目の次世代ペーパーKeeplus。
       製紙の町の富士市から、石の紙の話が登場。

●1:05pm 緑の仲間
毎月第2週: 清沢塾・塾長、農学博士 中井弘和さん
       10年目の今年、豊作だった清沢の棚田。
       耕さない、農薬を使わない、自然農の成果。

●1:35pm  人にぞっこん
日本航空学校 小澤典生さん 
       いろんな学び方ができる高校があったら。目的のある若者のためにも。
       あるいは、今のシステムからこぼれてしまった子でも。
       

@@@番組中も、いつでも、リクエストや持ち込みネタなどなど、募集してます@@@
【あて先】 電子メール  info@fmhi.co.jp    fax  054-221-4649
       〒420-0852   静岡市葵区紺屋町15-4       

番組全体の流れはこちらから ↓

カテゴリ:
何かを作り出す、という作業も、研究や商いやスポーツとも、よく似ている。
結局人は、興味を持って何かに夢中になる、という性向を持っているのだろう。

静岡市は、ホビーの町。
男性向きのプラモデルや縮尺の世界などが先行しているが、ホビーの世界はもちろんそれだけではない。
何かを作り出す。
そういう人々が集まるクリスマスのお楽しみをはじめよう。

今年、初のクリスマスフェスタが開催される。
先立って今秋、出展者の募集をした。
少々不安もあったのだが、募集を開始してみれば、入りきらなくなるほどの申し込みとなった。

150の一般ブースには、手芸品、工芸品のありとあらゆる種類がそろった。
見ているだけでもわくわくしてくる。
このページで、出展一覧を順にクリックしてみてほしい。
http://www.hobby-shizuoka.jp/minami/index.html

見ていれば、やってもみたくなる。
体験もできる。
そうしているうちに、来年は自分も出展しよう、と作戦を練ることもできる。
重い気分を一掃して、楽しくしてくれる二日間になりそうだ。


icon06ホビーのまち静岡 クリスマスフェスタ09  

   ★12月12日(土)13日(日) 午前9時から午後6時まで 
   ★入場無料 
     北館 模型の世界首都静岡(静岡の模型メーカーによる製品展示や体験コーナー)
     南館 手づくりホビーワールド(静岡で手づくりの趣味を楽しむ方の作品の展示、販売) 

ホビーのまち静岡実行委員会事務局(タミヤ内) 054-286-5105
会場/ツインメッセ静岡 北館・南館(駿河区曲金)

静岡鉄道 「春日町駅」から徒歩15分
バス    「南郵便局ツインメッセ前」
      *JR静岡駅北口19番線(エクセルワードビル前)「登呂コープタウン行き」約10分


◎「ホビーのまち静岡」推進事業  静岡市
http://www.city.shizuoka.jp/deps/tiikisangyo/chiiki_hobby.html
◎ホビーの町静岡 クリスマスフェスタ09
http://www.hobby-shizuoka.jp/


http://blog.goo.ne.jp/j-tenten/e/28cec15544a1b13ab183ea8f490fb9f1

カテゴリ:
ぬくもりに人が引かれて集う。

焚き火は、なぜか人をひきつける。
暖かな火をともす。心にも、からだにも。

焚き火も簡単にはできない社会となった。
焚き火の火を起こしたことがあるだろうか。
落ち葉や芝を集め、火を起こし、薪をくべたことがあるだろうか。
その火で、何かを焼いたことは、あるだろうか。

落ち葉のにおい、火のにおい、焼けてくるおいしそうな食べ物のにおい。
時折はぜる薪の音、燃え上がる火の揺らめき、薪の違いによる火の勢いやにおい。。。

大井川上流の川根町笹間にある山村交流センター「ささま」で、
焚き火料理体験ツアーが開催される。

竹を使った山の幸の炊き込みご飯を炊き、むかごの焚き火煎り、猪子汁、地場野菜の焚き火焼き、
ほかにも、餅つきや、竹のコップ作りもあるという。

焚き火を囲んでの作業を楽しみながら、冬を迎える山の幸を仕上げていただく。
いつもとは違った経験が、心の垢を焼き落としてくれそうだ。

@ささま流「焚き火料理」体験ツアー

◆12月23日(祝)
◆大鉄;金谷駅  車:新金谷駅 8:50まで受付
◆問/申 ささま 0547-54-0661 
     大井川鉄道 0547-45-4112
http://www.oigawa-railway.co.jp/pdf/20091223takibi.pdf
山村都市交流センターささま
◎大井川鉄道
http://www.oigawa-railway.co.jp/index.htm

カテゴリ:
♡心のバリアフリーイベント♡
◆駿河区役所隣空き地(元静岡新聞社・静岡放送駐車場)
◆12月5日(土)  午前11時から午後3時まで   雨天延期6日(日)
◆内容 市内福祉施設の各参加団体による施設の紹介
    木工品、お菓子などの授産製品の発表や販売
    人形劇、音楽演奏、清水みなとかっぽれや平成ちゃっきり節などのダンス  
    消防音楽隊による演奏、
    補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)のデモンストレーション
    障害者110番相談や無料弁護士相談、
    手話・車椅子・マイ箸作りの体験コーナー
◆静岡市心のバリアフリーイベント実行委員会
  問い合わせ先: 静岡市障害者福祉課  TEL:054-221-1198

◎静岡市障害者協会のブログ
http://shizu-shokyo.cocolog-tnc.com/blog/
◎静岡市障害者協会
http://www4.tokai.or.jp/shizu-shokyo/
12月3日は「国際障害者デー」12月9日は「障害者の日」。
3日から9日までの1週間は、障害者週間。


このページのトップヘ

見出し画像
×