カテゴリ

カテゴリ:レポート

カテゴリ:


二日とも暑いくらいの好天。
大勢の市民が楽しみました。

びっくりしたのは、会場で93歳のおばあちゃんに出会ったこと。
似顔絵のブースに描いてくれるのかときき、初体験の似顔絵モデルに。

いろんな出会いにあふれたステキなイベントでした。

カテゴリ:
4日間ともよく晴れて、トータル160万人を超える勢い。
世界から95組が静岡にやってきた、今年の大道芸ワールドカップin静岡も、いよいよファイナルステージ。

*写真はそれぞれクリックで大きくなります。

 昨年のチャンピオン、プリンセスエレインは、より妖艶になっていた。

 その笑顔の魅力は、変わらず。



さて今年の3賞は?


  

今年のブロンズ賞は、早変わりマジックのデビッド&ダニア。

本当に360度どこから見てもなんだか分からないうちに、ダニアの衣装が目くるめくように変わってゆく。

 シルバー賞は、おかしな二人組、デュオ ジャック&セルジュ。

 激しく吼えるような返事が、おひげのジャック。



いよいよ、チャンピオン!!


9代続くサーカス一家の兄弟、アナスタシーニ・ブラザース。

まだ妹もいるんだって。

サーカスファミリー同士として、昨年のチャンプ、プリンセスエレインとも同じ舞台に立ったことも。
おにいちゃんは21歳のジュリアーノ。 弟が13歳のファビオ。

スーパースペシャルな大技は、ダブル・バック・サマー・ソルト。

プレビューでは21周、今日は35周も回ってました!!

     


来年は、20周年。
日程も発表された。
2011年は、11月3日文化の日から、7日日曜日までの4日間!!
また、元気に楽しく会おうね!


@大道芸ワールドカップin静岡
http://www.daidogei.com/


カテゴリ:
写真レポート。
3年ぶりの大会に出会って、その進化に驚いた。
お茶の世界進出は、美味しいお茶が浸出するようにじわりとまた進んだ。

会 期:平成22年10月28日(木)~31日(日)
会 場:グランシップ全館とサテライト会場
時 間:10時~17時(初日は11時30分開場)
入場料:無料(一部有料のプログラムがあります。)
@2010しずおか世界お茶まつり
http://www.o-cha2010.jp/






カテゴリ:
今年は二日とも雨の心配まったくなしのいい天気。

エントリーチームから最終6チームへしぼられたファイナル。




静岡市の忍絆桜蘭。

若さと元気と情熱のあふれた、勢いのある内容。





過去、2年連続の大賞受賞チーム、愛知県豊川市の「乱舞天王・蒼」。

学生時代に結成し、卒業や進路の違いを乗り越えやってきたが、今年が最後の舞台。

魅力あるステージだった。

さよなら、蒼。 ラストは準おだっくい大賞。







愛知県扶桑町の「歩~あゆみ~」。

目にも鮮やかな団体での衣装早変わりは、観客から歓声が上がった。





昨年の覇者、愛知県豊川市の「コンコン豊川」。

5歳から90歳までのメンバーによる狐のお面の踊りは、地元の花火「綱火」を表現。



静岡市の「静岡大学 お茶ノ子祭々」が、今年のおだっくい大賞。

初出場から4年、小さなチームが大きく育った。

”プロ野球に草野球が挑むようなもの”といっていた彼らが、今年は大賞。

扇や和傘を効果的に使いながら、衣装の早変わりもあり、変化と元気とおだっくい精神に満ちた、地域性のあるステージ。





浜松市の「浜松学生連 鰻陀羅」。

ここも、大所帯になった。




さて、明日は三連休の最終日。
もう一日、おだくって過ごそうか。

敬老の日で、お彼岸の入り。
何かと用事も多そうだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×